CBD 日本

カンナビジオール(CBD)オイルは日本では合法?違法?

白衣の男性カンナビジオール(CBD)オイルを日本で買ったり使ったりして大丈夫か気になっていますか?

 

CBDの原料は大麻と聞けば、日本では違法にならないのか不安を感じる人も多いと思います。

 

結論から言えば日本でCBD製品は違法も脱法でもなく、間違いなく合法です。

 

なお、当サイトには、大麻を嗜好品として使用したい人に向けた情報は一切ありません。

 

ハイになりたい人は、今すぐ戻るボタンでお帰り下さい。

 

当サイトは、体調の不安や健康の問題を抱えた方が、CBDオイルを安心して利用できるような情報発信を目的としています。

 

CBDオイルに危険な精神作用はありませんし、買っても使っても逮捕されるなどということはないので安心してください。

 

日本の法律「大麻取締法」で厳しく規制されているのは精神作用のある葉や花穂であって、茎や種子が原料のCBDは規制の対象外になっています。

 

茎や種子の加工品は日本でも昔から広く利用されていますね。

 

例えば茎の繊維から作られる麻の綱や縄などです。

 

麻の種子は。鳥の餌や七味唐辛子の中にも入っています。

 

葉や種子の抽出成分であるCBDオイルも健康食品として利用できます。

 

カンナビジオール(CBD)とは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略で、麻の茎や種から抽出される成分です。

 

原料が茎や種なので精神作用はなく、日本の大麻取締法でも規制の対象外になっています。

 

CBDは日本ではまだ一般にあまり知られていませんが、様々な薬理効果や効能を持つ天然成分として世界的に大注目されています。

 

人間の体にはカンナビジオール(CBD)と反応するカンナビノイド?受容体か?全身にあって、心身のバランスを維持しています。

 

この身体に本来備わっている調節機構を「エンドカンナビノイドシステム」といいます。

 

ストレスや老化により、このエンドカンナビノイドシステムか?崩れると、様々な病気や不調の原因になることが分かってきました。

 

CBDはエンド・カンナビノイド・システムの働きを助けて、心身の状態を整えるのに役立つと言われており、最近では、悪性腫瘍に対する効果などが学術論文として発表されています。

 

他にもCBDにどのような効能があるかは、現在も世界中で研究されています。

【CBDに期待されている効果】※研究段階のものも含む

  • 不眠解消・安眠効果
  • リラックス効果
  • てんかんなどの発作を抑える効果
  • 抗がん作用
  • 吐き気の抑制効果
  • リウマチの炎症防止効果
  • 怪我、関節痛、炎症、頭痛などの痛みに対する鎮痛作用
  • 糖尿病の予防や治療にも役立つ
  • うつ病や不安障害に対する抗不安作用
  • アルツハイマー・認知症の予防
  • アトピー性皮膚炎への効果

※どの症状に対してどれくらいの量のCBDが効果的かなど、CBDの効果はまだ研究段階だということも理解しておきましょう。

 

CBDは植物由来の成分なので、化学薬品のような強烈な副作用がないのが特長です。

 

ただし高濃度のCBDを大量摂取した場合は、眠気やめまい、食欲減退や口の中が乾くといった程度の副作用は報告されています。

 

通常の高濃度CBDオイルの摂取では心配ありませんが、眠気がくる可能性があるので、念のために自動車の運転前の摂取は控えた方がいいでしょう。

 

当サイトでは日本で安心して購入できるCBDオイルも紹介しています。
 ↓ ↓ ↓

 

規制されている違法品と混同されている?

副作用の心配が少なく、すばらしい健康効果が確認されているCBDですが、日本では安全性や違法性を疑う声が未だ根強くあります。

 

CBDが誤解される理由には、次の2つが大きく関係しています。

  1. 医療用大麻とCBDが混同されている
  2. 違法成分を含むCBD製品が一部で流通している
@医療用大麻とCBDが混同されている

医療用大麻CBDが誤解される理由の1つは、医療用大麻と混同されているという事です。

 

海外では精神活性作用のある大麻を医療用として解禁している国や地域もあるため、勘違いされているようですが、医療用大麻とCBDは別物です。

 

医療用大麻は精神作用があるものも含まれていて、もちろん日本では違法です。

 

しかしCBDには精神活性作用や依存性はなく、日本でも違法性はありません。

 

医療用大麻とCBDは別モノなので、その点をしっかり理解しておきましょう。

 

当サイトでは医療用大麻に関する情報は取り扱っていません。

 

2019年にはWHO(世界保健機関)が「CBDは安全性に問題はない」という見解を発表しています。

 

WHOの発表をきっかけに、日本のように麻薬の取り扱いに厳しい国や地域でも、徐々にCBDの認知が広まっています。

 

ところが医療用大麻の解禁を訴えている人の中に、かえって話をややこしくしている人がいるように思えてなりません。

 

A違法成分を含むCBD製品が流通している

電子タバコ適法だと思って購入したCBD製品に、もし違法成分が含まれていたとしたら「知らなかった」では済まされません。

 

違法成分を含んだ「大麻リキッド」が日本でも密かに流通していて、これをCBDリキッドと間違えて買ってしまうと当然アウトです。

 

実際にCBDリキッドのつもりで違法な大麻リキッドを購入して逮捕されてしまったという例もあり、CBDにも違法なものがあるという誤解を生んでいるようです。

 

さらに2019年10月には、日本に輸出された海外ブランドのCBDオイルに禁止成分が混入していて販売停止になるという事件もありました。

 

CBDオイルのつもりで購入したら、違法な成分が含まれていて「違法薬物の所持」で逮捕されるなんて最悪ですよね。

 

CBD人気の高まりとともに、海外のCBDオイルを個人輸入できる通販サイトがたくさんできています。

 

しかし日本での販売を想定していないCBDオイルには、日本で違法になる成分が含まれているかもしれません。

 

CBD製品なら「日本でも100%合法だ」とも言い切れないのもまた現実です。

 

購入の際には取り扱う業者選びが大切になってきますね。

 

日本で安心して購入できるおすすめCBD製品

CBDは海外製品を個人輸入できるサイトが数多くありますが、安全性や品質をきちんと確認できないサイトも散見されます。

 

CBD製品はCBDの濃度が高いものほど価格も高くなりますが、濃度を明示していない製品や、高額なのにCBDが低濃度な製品もあるので注意が必要です。

 

CBD製品は、信頼のおける日本企業の直販サイトを利用して日本向け製品を購入することをおすすめします。

 

日本人向け、あるいは日本製にこだわったCBDオイルやCBDリキッドを取り扱っている日本企業の直営通販サイトがありましたので紹介しておきます。

 

日本人のためのCBDオイル

ヘンプタッチCBDオイルヘンプタッチ社のCBDオイルはCBD専門の海外ブランドで、日本での総代理店は株式会社エソテリックという日本企業です。

 

日本で違法となる成分を含まないように、第三者機関で厳しくチェックしたうえで出荷されていて、CBDの濃度やオイルの品質についても厳しく管理されています。

 

また日本人向けに完全オーガニックのCBDオイルになっていて、農薬や化学肥料だけでなく、遺伝子組み換え技術も使われていません。

 

CBDの濃度は3%〜15%までのCBDオイルが購入できて、価格もCBDオイルとしてはリーズナブルです。

 

【ヘンプタッチCBDオイル価格】

内容量 CBD濃度 価格(税込) 定期購入価格(税込)

5ml
(約2週間分)

3%(CBD150mg)

2,980円
初回購入に限り980円

定期購入なし

10ml
(約1ヶ月分)

3%(CBD300mg) 4,980円 4、233円
5%(CBD500mg) 7,280円 6,188円
10%(CBD1000mg) 14,780円 12,563円
15%(CBD1500mg) 21,980円 18,683円

初めてCBDオイルを試すなら、最も濃度が低い3%のCBDオイルがおすすめです。

 

ヘンプタッチCBDオイルCBDオイルは舌下吸収といって、舌の裏側に数滴垂らして1分程度含んでおくという摂取方法になります。

 

草を噛んだような独特の味と香りは、濃度が高いほど強くなります。

 

濃度が低いと効果も低いと思われるかもしれませんが、私自身もヘンプタッチの3%CBDオイルを利用していて、リラックス効果や安眠効果は実感できるので3%でも十分だと感じています。

 

まずは3%CBDオイルから始めて、さらに強い効果を望む場合や、特定の症状に対して強い効果を望む場合は高濃度のものに切り替えていけばよいでしょう。

 

わずか980円(税込)で2週間分使えるお試し品があったので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

2週間もあれば味や香りにも慣れるし、特に心身に不安を感じている人は効果に実感できると思いますよ。

 

こちらの公式サイトから購入できます
 ↓ ↓

 

日本製CBDリキッド

CBDリキッド電子タバコのようにCBDを気化させて吸う事できる「CBDリキッド」というのもあります。

 

舌の裏に垂らすCBDオイルは独特の味と香りがありましたが、VAPEで吸うCBDリキッドなら味も香りもまろやかで、特に電子タバコに慣れている人には抵抗がないかもしれません。

 

ただしVAPEで加熱して吸うタイプのリキッドは、違法な大麻リキッドも蔓延していて社会問題になっています。

 

間違ってもそういう違大麻リキッドを買ってしまう事の無いように、業者や製品選びには特に慎重さが必要です。

 

日本製のCBDリキッドを開発している日本企業の直販サイトがありますので、紹介しておきます。

 

吸うタイプのCBDリキッドはCBDオイルより体への吸収が早くて、数分でリラックス効果を感じられるのが特長です。

 


日本におけるCBDの今後

海外ではCBDが医薬品として承認され、病気の治療に使われている国や地域があります。

 

日本でもCBDの医療効果は盛んに研究されていますが、日本の大麻取締法では大麻から製造した医薬品を使うことを禁止しています。

 

CBDを病気治療に使えるよう、医薬品としての認可を目指している団体もあります。

 

様々な薬理効果も認められているCBDは、もしかしたら近い将来、日本でも医薬品に指定されるかもしれません。

 

2019年には、CBDを主成分とする難治性てんかん治療薬について、治験(臨床試験)での使用は可能とする厚生労働省の見解が示されました。

 

てんかんの治療薬としてCBDが医薬品指定されれば、てんかんに苦しむ患者さんはCBDが保険適用になり、CBDが安く買えるようになって助かります。

 

しかしその一方で、医薬品となれば購入には医師の処方箋が必要になってしまうので、現在のように誰でも気軽にCBDを購入することができなくなってしまいます。

 

現在の日本でのCBDオイルの位置づけは、薬品ではなく健康食品だからこそ、買いたい人が誰でも簡単に購入できています

 

特定の疾病だけでなく様々な健康効果が確認されているCBDは、薬事指定されないほうがたくさんの人を幸せにできると思っています。

 

 

CBDオイルでたくさんの人が健康に

CBDを利用しようと思った目的は何ですか?

 

ストレス解消のため? リラックスのため? 安眠のため?

 

もしかしたら治療の難しい病気の代替医療として、CBDに賭けているという方もいるかもしれませんね。

 

日本でもCBDオイルの安全性や素晴らしい効果は、徐々に知られるようになりました。

 

あなたやあなたの家族が抱える問題が、この記事の情報によって解決できることを願っています。

 

私も日々の健康の為に、毎日コツコツ摂取していこうと思います。

 

 

 

参考資料

日本国内の関係法規(原文)

大麻取締法

(大麻の定義)
第1条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

 

CBDは大麻草の成熟した茎から抽出されるので、日本国内でも違法ではありません。

 

(禁止行為)
第4条 何人も次に掲げる行為をしてはならない。
一 大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。
大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三 大麻から製造された医薬品の施用を受けること。
四 医事若しくは薬事又は自然料学に関する記事を掲載する医薬関係者等(医薬関係者又は自然科学に関する研究に従事する者をいう。以下この号において同じ。)向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として医薬関係者等を対象として行う場合のほか、大麻に関する広告を行うこと。

 

日本でのCBD(カンナビジオール)の取扱いは医薬品ではなく、健康食品として流通しています。

 

用語集

カンナビス

大麻草の別名で、大麻草全体を指す言葉。
大麻草の学名「カンナビス・サティバ」が語源。

 

カンナビノイド

カンナビス(大麻草)に含まれている化学物質の総称で、113種類あることが知られている。
そのうち代表的な2種類が、CBDナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)

 

CBD=カンナビジオール

カンナビス(大麻草)の成熟した茎から抽出される物質で精神作用はない。
日本では健康食品としての利用が認められている。

 

THC=テトラヒドロカンナビノール

大麻草の花穂や葉に多く含まれるカンナビノイドで、精神作用がある。
日本では大麻取締法で厳しく規制されていて、THCが含まれている製品は違法となる。

 

エンド・カンナビノイド・システム

人が生きていく上で必要不可欠な神経・免疫バランスを調節し、健康な身体を維持するための調整機能。

 

ヘンプ

医療や産業などに利用される大麻のこと。
THCがほとんど含まれていないので、嗜好用大麻のように「ハイ」になるような精神活性効果はないものを指すことが多い。

 

ヘンプオイル

ヘンプオイルは大麻草からの抽出した油。
原料に葉が含まれる場合は日本では違法となるTHCを含むものがあり注意が必要。

 

ヘンプシードオイル

麻の種子から抽出した油で、THCは含んでいないため日本でも違法ではない。
ただしCBDもほとんど含まないため健康効果は限定的。

 

外部リンク

日本臨床カンナビノイド学会 -カンナビノイドの中でも特にCBDの医療効果を研究する学会。

 

ヘンプタッチ(hemptouch)公式 - 日本人向けCBDオイル販売公式サイト

 

+プラスウィード(+WEED)公式 - 日本製CBDリキッド販売公式サイト

 

日本てんかん協会 -日本国内でCBDを医薬品(てんかん治療薬)使用できるよう要望している団体。

 

page top